&COMPLE
セール開催中!(テキストを差し替えてご利用ください) 期間:X/XX - X/XX

CHI・coracao ・Cotton Half Blanket Diamond biface

11,000円(税1,000円)

ABOUT ITEM

Chicoração ・portugal
コットンハーフブランケット|ダイアモンド バイフェイス

伝統のダイヤモンド柄は高貴なモチーフ
シルキータッチのエレガントな一枚


ポルトガル伝統の手しごとと天然素材にこだわるChicoração・シ・コラサォンの織布は、17世紀より受け継がれた織り機でならではの特徴的なパターン柄と、一枚一枚に表情の異なる風合いがある仕上がりのクラフト感に溢れるブランケットです。

ポルトガルでは昔から高貴なモチーフとして織られてきたダイヤモンドのモチーフは、どことなくシノワズリな雰囲気の紋様に映るエレガントなツートーンカラーが個性的。肌触りも滑らかで光沢感のあるシルキータッチのコットンブランケットに仕上げました。

通常のシングルサイズのブランケットの半分(90 X 150cm)のハーフブランケットは、ベッドのオーバースローや、ワークシーンのお膝掛けなど、インテリアファブリックとして重宝するサイズ感です。

使い込むほどに良くなる風合いと愛着


ポルトガル産の上質な綿花をセレクトし、糸を紡ぐことから始まり、熟練した職人の丁寧な手しごとによって生まれた綿布。

サラッとした柔らかな手触りのブランケットは使い込むほどに心地よいくたり感に愛着が増す感じ。お気に入りの椅子でお膝掛けに、ベッドサイドで、肌寒い日には背中に羽織り心地よさを纏って、いつも傍に置いておきたくなる素材感です。

一年中リビングやアウトドアシーンで
重宝する万能の一枚


ソファに敷いたり、お膝掛けにしたり、うっかりのお昼寝に、 また、お洗濯ができる綿布は、屋外での敷き物としても活躍してくれる万能アイテム。インでもアウトドアでも重宝するマルチクロスです。

カラフルな色合いで食卓を彩るテーブルクロスとしてもおすすめ、また、 少し肌寒い季節のスローケットとして、夏の冷房対策にも一年を通してお役立ていただけます。

ブランド紹介

「シ・コラサォン」のファクトリーは、ポルトガルのセラ・ダ・アイレ(アイレ山脈)の麓にある小さな村、ミラ・ダ・アイレあります。

1600年代から受け継がれてきた伝統の毛織物で, 当時の織り機で今もなおおり続けられる毛布は、職人たちの丁寧な手しごとによって受け継がれています。 その地で代々羊毛業を営んできたファミリーは、羊毛の刈り取りから、精錬、カーディング、コーミング、紡績、染色、そして最後の仕上げまで、すべてのプロセスを自社で行なっています。織物に合わせたウール糸の選定することで、仕上げ感も様々な、軽量化したふわっとした感触の仕上がりになっています。また、ポルトガル国内で育てらてた綿花を紡いで、コットン100%のブランケットやラグを織る工場も備えています。 羊毛は水だけで洗浄し、天然由来の染色、仕上げにもケミカルなものは一切使わないというこだわりの100%天然の毛布です。織物のデザインも色も、壮大な環境の中からクリエイトした、自然に寄り添った優しい毛織物は、モダンなデザインへと姿を変えて、私たちの暮らしを暖かく包んでくれる一枚になることでしょう。

ブランドについて詳しく見る

商品詳細

商品名
シ・コラサォン コットンハーフブランケット|ダイアモンド バイフェイス
サイズ
90x150cm
重さ
約700g
原産国
ポルトガル製
素材
コットン100%
カラー
bottle & flag green , yellow & gray , electric blue , red & orangeの全4色
お手入れ方法
・洗濯は手洗い、または、洗濯ネットに入れて手洗いモードで洗ってください。
・乾燥機の使用はお避けいただき、平干しをお薦めします。

商品の特性をご理解いただき、ご注文をお願いいたします。

  • ・風合いを重視した素材を使用していますので、鋭利なものを引っかけないように優しくお取り扱いください。
  • ・織り機の特性、及び、製品ロットにより、生地の風合いが異なります。
  • ・サイズは、織り機の特性上2〜9cmの誤差が生じます。
  • ・色につきましては、染色ロットにより多少の色が異なることがございます。
  • ・無染色の生成糸につきましては、天然由来の風合いを大切にしているためロットにより多少の色が異なることがございます。
  • ・入荷ロットにより、ブランドタグや品質表示の異なる場合がございます。
  • ・商品により重さが、10〜20g前後の誤差がございます。
  • ・天然コットンのため、洗濯、乾燥により縮みます。
  • ・綿糸の染色の特性上、若干素材の匂いがすることがあります。風通しの良いところで陰干しを繰り返すことで次第に薄れてゆきます。